FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年10月
2006.10.30(Mon)
 このところ我が家ではドニを「夜の帝王」と呼んでいます。
夜の散歩に出ると帰りに丘の上の友達(ノラ犬)の所に寄り道してなかなか
帰ってこないのです。散歩も一匹では行かず、誰かが付いて行ってやらないと
行かないくせに帰り道で勝手にはぐれます。
 そんな時息子が帰ってきたドニをまるで親が子を叱るように厳しく叱り付けて
たりして、見てると可笑しい。
 息子は車の中に隠れてすぐに帰ってくるだろうドニをびっくりさせてやろうと
潜んでました。それがなかなか帰ってこないのでかなり頭に来てたみたいでした。
 ドニはというと何を怒られているのか全然わかってなくて知らぬ顔なので
息子が怒ってちょっと突き飛ばし、後で「ドニ、ごめんな」などと謝って
たりして、平和な家族ですね。ヽ(゚∀゚)ノ
 先日どでかぼちゃがありましたが、そこでエスポアも店を出しました。
何人かのお客様にお会いしましたね。ドニも連れて行きました。
たくさんの子供たちに頭をなでてもらいドニも楽しそうでした。
 ところがうちの店の斜め前で鹿肉のバーベキューをしてらした方々が
ちょっと留守をした時あろう事か、ドニがとことこ歩いていって鹿肉を
パクパク食べたのです。「大森さん、たいへん、ドニが、ドニが。」の声に
やっと気付き、あわてて息子が連れ戻しに行きました。
隣のお店の方からは、「やっぱり美味しいものを良く知ってるわ!」の声。
その後ドニをつないだのは言うまでもありません。冷や汗ものでした。
 帰宅するとドニはそれこそ何を言われてもピクリともしないくらいにすぐに
深い眠りに落ちました。彼は彼なりに人間の相手に気を使い疲れ果てていた
ようです。お疲れ、と頭をなでてやりました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。